【釣果報告】太刀魚 VJ-16 ベイト発見が決め手

      2016/10/24

スポンサーリンク

 

image

釣果報告

南芦屋浜ベランダに行ってきました。

朝5時前に到着。

12月に入りかなり冷え込んできましたが、太刀魚釣りは人気がありますね。

かなり人が多いです。

いつものようにVJ-16をセットする。

レンジ、リトリーブスピードなどを変えてみるが反応なし。

PEライン、ルアーにベイトが当たる気配なし。

かなり明るくなった7時前。

目の前にイワシの群れが入ってきた。

その下を通すイメージでゆっくり巻いてくるとヒット。

ベイトの有無は重要とは言いますが、改めて実感しました。

 

今回はベイトフィッシュ(エサとなる小魚、通称ベイト)についてのお話をします

 

今回の釣行はベイトがいたから釣れたようなものです。

いなかったらきっとボウズだったとおもいます。

それほどまでにベイトの存在は重要です。

釣りをはじめたての方や狙い方がわからない方へ参考になればとおもいます。

いろいろあるテクニックの中のひとつであるとお考えください。

 

なぜベイトが重要なのか?

フィッシュイーターはベイトの群れに付いていることが多い

ボイルしてたらかなりチャンス。

付いていれば結構な確立でヒットします。

注意として焦ってルアーを群れに投げ込んだりしないように、群れの数メートル先にキャストしてくださいね。

フィッシュイーターとは

  • 小魚を餌とする魚
  • 身近な魚としてシーバス、太刀魚、ヒラメなど

釣りながら気にかけること

  • ベイトの存在(目視、PEラインへの接触)
  • イワシ等の小魚は釣れているかどうか
  • 小魚をエサとする海鳥の存在

当日7,8cm位のイワシが群れており、VJ-16がマッチしてたとおもいます。

ベイトの種類、サイズがわかれば使うルアーが必然と決まり、狙い方がイメージしやすくなります。

釣り方

暗いうちは

  • 手返しよく探るため遠投せず近距離の表層からレンジを下げていく
  • 真下でのヒットが多い時間帯なのでしっかりルアーを泳がす
  • 巻き方はスローのただ巻き

ただ巻きにすると海の中の状況がわかりやすい。

たまにアクション入れたりしますけどね。

明るくなってきたら

  • 遠投
  • 巻きスピードは速め
  • 潮目、ベイトを探し、狙う

推奨ルアー

バイブレーション

スピンテールジグ

ワーム

 

いつも使ってるルアーは

コアマン VJ-16

ブロビス ハイブリッドスピン

まとめ

釣れている人はいないか、隣の人はどんな釣り方をしているのか等、まわりの状況を見ながら釣りをすることが重要です(知りたいことがあれば直接聞きに行くのもOK。ちなみに僕はよくします)。

ベイトは底の方にいる場合もあるので、感度のいいPEラインの使用をおすすめします。

頑張って釣りしててもあまりの寒さに集中力が切れてはどうしようもない、防寒対策 は必要です。

12月に入り大阪太刀魚釣りは数は出なくなってきたもののそれでもシーズン中です。

今回の記事で少しでも釣果があがればと思います。

 

参考記事

釣果アップ 朝マズメ 太刀魚を1匹でも多く釣る方法 ルアー釣り編

【PEライン】”おすすめ”と言われてもねぇ〜。失敗しない選び方はこれだ!

【FGノット】PEとリーダーの結束方法を3つの動画でマスターしよう!

 

一押しルアー

imagesBROZGE7G

コアマン(COREMAN) VJ-16 バイブレーションジグヘッド 90mm #002 シルバ…

このカラーが1番釣れましたよ。

スポンサーリンク
応援してください。よろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

 - 太刀魚, 太刀魚, 釣り方, 釣果報告