【コアマン VJ-16】これで解決! ワーム部分がなくならないようにする方法

      2016/10/02

スポンサーリンク

以前VJ-16を使用しているうちに、ワーム部分がなくなることがあるという記事を書きました。

コアマンVJ-16を使用して気づいたたった1つの深刻な問題点

 

その対策を考え、ある方法を思いつきました。


image

 

その方法とは

ワームを刺す部分の先端にストッパーを付けることです。

ワームキーパーというのがありますが、サイズが小さくて効果がないです。

太刀魚用のワインドルアーにはあらかじめ付いてるものがあるのですが、それだけでは売ってません。

いろいろ探した結果、ウキのストッパーが丁度いいサイズだったので自作してみました。

 

このままでは穴がちいさく刺さらないので精密ドライバーで彫ります。
上から見た画像です。

横幅が気になったので爪ヤスリで削ります。

プライヤーで挟んで削るとらくにできます。

最後に瞬間接着剤をつけて完成です。

まとめ

テールを何回も引っ張ってみてもズレてきません。

もしもストッパーがワームの中でとれてしまっても、指先で押し出せます。

時間はたいしてかかりません。横幅を気にしなけれはすぐ出来上がります。

今回の解決策によって深刻な問題が改善されればとおもいます。

記事

コアマンVJ-16を使用して気づいたたった1つの深刻な問題点

 

 

このブログもういいわって方。こういうのもありますよ。

スポンサーリンク
応援してください。よろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

 - オススメアイデア・スキル, ルアー