マイクロベイトパターンの時期に釣果があったルアー エクスセンス クー70F

      2016/04/29

スポンサーリンク

 

春先から始まるマイクロベイトパターン。

偏食のため釣るのが難しいパターンです。

2㎝程度のハクの群れの写真です。

image

見づらいかもしれませんがこんな感じで群れて泳ぎ、常夜灯下などに集まってきます。

水面直下を泳ぐので度々捕食してる瞬間を目にすることできます。

 

ではこの時期に釣果のあったルアーを紹介したいと思います。

エクスセンス クー70F

image

上が70F,下が100Fです。

 

スペックは

エクスセンス クー70F

image

●全長:70mm ●重量:7g ●潜行深度:10~20cm ●カラー:全12色

 

エクスセンス クー100F

image

●全長:100mm ●重量:10g ●潜行深度:10~15cm ●カラー:全12色

 

クー70Fは潜行深度が5㎝深くなってます。

7gで軽めではありますが飛距離は問題ないです。

シンペンではある程度のスピードがないとお尻が下がってしまい、水平に引けませんが、クーはフローティングのため、水面直下を水平にワイドロールアクションで泳ぎます。

使い方は

ロッドワーク

COOにはリップがないので引き抵抗は弱い。「使い方はただ巻きが基本ですが、風がある日は、ラインが風に吹かれて引っ張られてしまいます。ロッドティップを下げたほうが風の影響を受けず、安定したアクションでリトリーブできます」

ルアーの泳ぎ出し

「COOは巻きはじめて水を噛むと重みを感じる。その重みを維持しながら巻きます。重みが変化したら巻き速度で調整。アップで使うときは、着水後、流れにのって水を噛みにくいので一度、キュッと水面下に潜らせてから巻きます」

 

ボイルが多発しているときの釣果です。

image

サイズは小さいですが、水面を意識してるシーバスを狙うのに効果的です。

 

その他にグラバーHi68sやソラリア85Fも釣果が出ています。

グラバーHi68Sの釣果

ソラリア85Fの釣果

 

まとめ

マイクロベイトパターンで釣るのは結構難しいです。

ボイルが多発していても偏食してるのでルアーに見向きもしないことは多々あります。

そういう時は粘らずに早めに見切ってポイント移動するのもありですね。

 

 

スポンサーリンク
応援してください。よろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

 - シーバス, ルアー, 釣り方, 釣具紹介