【釣果報告】サゴシのシーズンってそろそろ終わりなのね

      2016/04/02

スポンサーリンク

 

昨日のリベンジのため、同ポイントにいってきました。

朝4時半からの釣行で太刀魚ばかり4本ゲット。

ケミホタルなくても釣れるものですね。

残念ながらサゴシの方は、サの字もなく終了です 。

image

珍しく手のひらサイズのセイゴが釣れました。

image

これでもガッチリフッキングしてます

サゴシに関して少し調べてみました。

シーズンは?

夏から冬までです。

太刀魚と似てますね。

真冬は深場へと移動します(船釣りに移行)。
サゴシは水温が12.5℃以下になると漁獲されなくなるそうです。

特徴

歯が鋭い

後ろからエサに食いつく

泳ぐスピードは早いけど泳ぎは下手(エサを捕るのが苦手)。

釣り方  テクニック

特徴を踏まえた上で

リーダーは太くする ( 40lb以上のフロロ が無難)

フリーフォールはラインを切られる恐れがあるので、テンションフォールのが良い。

519F289D-E4DA-422A-9052-A931FEC58C71

これだけ鋭ければ簡単に切られちゃいますね (20lbのフロロでサクッと切れたことあり)
リアフックにアシストフックつけるとバレづらい

泳ぎが下手であるということで、ルアーアクションは激しいジャークよりはただ巻きが良い。
ジグを使うのならフォールでのヒットが多いがラインを切られることが多くなる。

狙う時間帯

ベイトがいる状況ならばどの時間帯でも釣れるが、朝マヅメが一番おすすめ。

ルアー

ミノー

ジグ

バイブレーション

ワーム

カラーは夏はグリーン系、秋からピンクなどの派手な色。

一方でカラーよりもホログラムのきらめきがはっきりしてるものが良いという意見もあります。

自分はラメ入りワームの青色で釣れてます。

まとめ

とにかく歯が鋭いのでリーダーを太くすることで釣果が変わりそうです。

リーダーの代わりにワイヤーを使うという意見がありましたが、ルアーのアクションが変わってしまい、あまりおすすめではないとのことでした。

バラさないためのアシストフックは効果がありそうです。

いろんなルアーで釣れるのでナブラなど小魚を追っているシーンに遭遇した場合、狙いやすいルアーにチェンジするのもいいですね。

歯で怪我をしないようにプライヤーを使うことをおすすめします。

 

スポンサーリンク
応援してください。よろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

 - 太刀魚, 太刀魚, 釣り方, 釣果報告, 青物