メバリング始める人は必見!タックルやおすすめな釣り方を1から教えます

      2017/05/16

スポンサーリンク

 

ルアーで釣れる魚は結構多いです。

その中で今回は簡単に初心者でも釣れる魚の1つであるメバル釣り(メバリング)を紹介しようと思います。

メバル自体は小さい魚なのでタックル自体は軽く、子供や女性でも問題なく扱えます。

 

メバリングとは

ルアーでメバルを釣ることです。

簡単に釣ることができるので、釣り初心者の方にもおすすめです。

メバリングと同じタックルでアジも釣ることができるので(アジング)揃えておくと便利です

 

シーズン

大阪では初冬から6月前半くらいまでが釣れます。

海水温が15度を超えてくる5月位になると深場へ移動してしまいますが、全部が移動するわけではなく居付きのメバルが残っており数は釣れませんが楽しむ程度には釣れます。

寒い時期の方が型がいいですが防寒対策は万全にする必要があります。

 

防寒対策記事です、参考までに読んでみてください。

ウェア、ブーツなくてもOK これだけはおさえておきたい防寒対策グッズ5選

 

時間帯

夜がメインになります。

潮が動いている時間帯に狙いましょう。

 

ポイント

港湾部、漁港などの明かりのあるところが狙い目です。

真っ暗であっても水深のあるテトラ際などもよく釣れます。

満潮前後のシャローも狙い目です。

この中で最も簡単に釣れるポイントはテトラ際だと思います。

 

タックル

釣具屋でセットで売っているものでも十分楽しめますが、更に楽しみたいのであれば専用のものを用意するのも良いでしょう。

 

ロッド

メバリングは繊細な釣りです。

小さなアタリをとるのに柔らかいロッドを使用した方がヒット率が上がります。

ウルトラライトのスピニングロッドでソリッドタイプがおすすめです。

ロッド選びに関する記事も読んでみてください。

 

リール

1000〜2000番のスプールの溝が浅いタイプが使い勝手が良いです。

沢山の種類のリールが発売されていますが、何を選べばいいのかわからない人はリール紹介の記事も参考になるかと思います。

 

ライン

かなり細いラインを使用します。

  • ナイロン 1号
  • フロロ 2lb〜4lb
  • PE 0.2〜0.4号
  • エステル 0.3〜0.4号

ナイロンは個人的にはおすすめではありませんが、他のブログを見ているとおすすめしてるのもあります。

ライン選びに関する記事にも書きましたがPEやエステルはラインシステムが必要となり、ノットの組み方の記事も参考になるかと思います。

 

ルアー

ワームが中心となります。

サイズは1インチ〜3インチです。

image

テール部分がユラユラするルアーの方が反応が良かったです。

画像のワームは上から順に

この中でエコギアが一番釣れてます。

 

活性が高く、表層で釣れる時はプラグを使うのも楽しいです。

image

image

画像のルアーは

IZUMI EIMANN(エイマン ダンス) Dance 45シラス

 

ジグヘッド

1g前後がメインになります。

0.6〜2gを用意し表層やテトラ際を狙うときは軽くし、ボトムを狙ったり風が強い場合や潮が速い時などは重くします。

フックサイズは#8、#7がワームのサイズとあいます。

いま自分が使っているおすすめできるジグヘッド(メバル流弾丸)です。

image

根がかりが少なくて気に入っています。

ジグヘッド紹介記事も参考までにどうぞ。

 

スナップ

頻繁にジグヘッドを交換するので必需品です。

いろいろなスナップが発売されていますが使い勝手が良いので紹介します。

image

アジスナップ サイズS

このスナップは交換がしやすく価格が安くて個数も多く入っていてお得です。

 

釣り方

メバルは活性が高いと水面近くまで浮いてきます。

どの深さ(レンジ)にいるのかを探しながら釣る方法とテトラなど障害物に居ついているメバルを釣る方法を紹介します。

水深のあるポイント

水面近くから探ることを意識し、キャスト(ルアーを投げて)してから巻き始めるまで

  • すぐ
  • 3秒間ルアーを沈める
  • 5秒間ルアーを沈める

このようにしてどの深さにいるかを探りながら釣ります。

浅いポイント

テトラ際や遠浅のポイントです。

沈めすぎると根がかりするのですぐに巻き始めます

テトラ際の狙い方はテトラと平行にルアーを泳がすだけです。

個人的感想テトラ際狙いが難しく考えることなく、メバルが居付いているので一番釣れ易いのではないかと思います。

 

リールの巻き方とスピード

一定速度ゆっくりと巻きます。

ハンドル1回転を1秒から2秒ほどかけます。

 

ルアー操作

ただ巻いているだけの方がメバルには効果があります

まっすぐルアーを泳がすことをイメージすると良いでしょう。

アジを狙うときはロッドを煽ってからルアーを沈め巻くを繰り返します。

メバルは直線、アジは上下の動きに反応しやすいです。

 

 

必要グッズ

メバリング以外の釣りでも使います。

 

ヘッドライト

暗闇での釣りなのでなるべく明るいものが良いです。

50ルーメンあれば問題なく使え、価格は1000円台から手頃なものが発売されています。

200ルーメン以上になると相当明るく便利なのですが価格が高くなります。

 

クーラーボックス

魚を入れる以外に飲み物なども入れておくことができ、釣りで出たごみも入れておけるので釣り場を汚さずにすみます

 

ネット付き水くみバケツ

おすすめ品これは是非持っててほしい、実際に使ってみて本当に便利だと思いました。

活かしておくことができるので釣り終わったら小さいサイズはリリースし大きいのだけそのまま持ち帰ることができます。

水の交換を怠ると酸欠で死んでしまうのでエアーポンプがあると便利です。

image

どちらも1000円以下で買えます。

 

あると便利なグッズ

あると何気によく使うグッズを紹介します。

 

玉網

シーバスやチヌなどがヒットすることもあります。

自分はシーバス、青物で使っているものを持って行きます。

image

30㎝以上のサイズとなると抜き上げるには大きすぎるので、折角の大物を逃したくなければ持っておいた方がいいでしょう。

金額は2000円くらいから売ってます。

 

ロッドホルダー

クーラーボックスに取り付けます。

ルアーやジグヘッドの交換、ラインシステムの組み直しや休憩するときに便利です。

 

まとめ

メバル釣りは特にテクニックを必要としないので初めてでも釣れます。

実際自分も簡単に釣ることができました。

色々なポイントで釣りましたテトラ際狙いが一番釣れてます。

夜の釣りであり足場が良くないので、装備をしっかりして釣りに行くようにしてください。

メバル以外にアジやガシラなども狙えるのでタックルをそろえておくと非常に便利です。

 

 

 

更に詳しいメバリングに関する記事です。

楽しい釣りをしてください。

メバリングロッドの紹介 最初はソリッドタイプがおすすめ

メバリング リールの選び方 5つの性能・機能をおさえよう!

メバリング ラインの選び方 感度と使いやすさは重要です

メバリング ノットの組み方 簡単な方法を2つ紹介します

アジ、メバル用ジグヘッドはこの2種をおすすめしたい!

 

 

スポンサーリンク
応援してください。よろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

 - メバリング, 未分類, 釣り方